7月06日トレード解説 - マエストロFXの評判を評価検証する佐野裕手法実践ブログ

マエストロFXの評判を評価検証する佐野裕手法実践ブログ ホーム » スポンサー広告 » 相場分析 » 7月06日トレード解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月06日トレード解説

お久しぶりです!
なかなかブログの更新できない。そしてトレードのできない日が続いています。


ですが、私のブログから購入してくれた方のサポートはなんとかしているので、今回そのサポートの一つを記事にしたいと思います。


質問内容はこんな感じです。

===============================

> 本日16時にレジスタンスラインに頭を押さえられた後トレンドラインを割れる陰線で動きが出てきました。
> 次の足の始まり値でショートすれば簡単に利益となりますが戻りを待っていたらショートできていません。
>
> このケース、やさすけさんはエントリーされますか?
>
> また、そのまま乗る場合と戻りを待つ目安のようなものはありますか?
> AM3時の大きな陰線ではあまり伸びていません。

===============================


では、1つずつ。

> 本日16時にレジスタンスラインに頭を押さえられた後トレンドラインを割れる陰線で動きが出てきました。
> 次の足の始まり値でショートすれば簡単に利益となりますが戻りを待っていたらショートできていません。
>
> このケース、やさすけさんはエントリーされますか?


これに関してですが、まず大前提に上位時間軸です。
前々日から+2σに頭を抑えられ下落、昨日も大きく下落していて現在のところ勢いは緩んでいない。


4時間足はこの時点では、上昇から下降に転じ、前回安値を抜け一度戻して-1σに頭を抑えられるか抜けて上昇するかという場面。


ここで反発下落すれば売りを狙いたい場面です。
日足のことも考えれば売りと考えてよいと思います。


これを頭に入れてユーロドル30分足を見てください。
(送ってくれた画像流用させてもらいます)

0706-0.jpg


矢印の部分でのことです。
ちなみのこの頭を抑えられているラインですが、ちょうどPIVOTラインがあります。


私のチャートでみるとこんな感じですね。
ピッタリpivotです。


0706-1.jpg


もし30分足だけ見ていても、前回安値に頭を抑えられPIVOTもある。
上位時間軸は売りを示唆していて、トレンドラインも割って大きな陰線に。


ここで売ってよい場面だと思いますし、私も売ると思います。


懸念は-2σ、そして前回安値が近いことですがこれが上位時間軸が、結構な売り優勢という状況ですからここを割ってくる可能性があると考えられます。


少なくても私はそう考えます。
上位時間軸がしっかりした売り示唆でない場合は、躊躇する場面ではありますね。


こういった上位時間軸の示唆があって勢いのある場合、そしてロンドン時間ということを考えると、戻りを待つと出遅れることがあります。


若干の懸念はあっても売りに行ける場面かなと。


そして私なら15分足も見ておりますのでこういう考えもできます。

ユーロドル15分足

0706.jpg


見ての通り、上位時間軸は売り示唆にあり、売りのチャンスを待っているところで上記のように、前回高値であり30分、
1時間足レベルではその前の安値のサポートラインであるラインに頭を2度、いえ3度抑えられての再下落。


30分足では実体がPIVOTにも抑えられ、15分足では+2σもある。
この青枠の陰線の方の足で売れます。


私の好きな2,3度頭を抑えられての再下落という状況ですからね。


30分足でトレードするから30分だけではなく、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足と見ていれば、
少しずつ変化が見て取れれて、トレードしやすい足も出てきます。


30分足に固執せずに色々見ておくのが良いと思います。


質問の回答をまとめると・・・


> 本日16時にレジスタンスラインに頭を押さえられた後トレンドラインを割れる陰線で動きが出てきました。
> 次の足の始まり値でショートすれば簡単に利益となりますが戻りを待っていたらショートできていません。
>
> このケース、やさすけさんはエントリーされますか?
>


私ならその前の15分足でしていると思いますが、30分足でもエントリーできるとおもいますし、していたと思います。


> また、そのまま乗る場合と戻りを待つ目安のようなものはありますか?
> AM3時の大きな陰線ではあまり伸びていません。


時間帯も大きな目安です。
大きく動くのはトンドン時間、NY時間の始めです。


PM15時~AM1時までがある程度勝負になるかなと。
AM3時でも大きく動く場合はありますが、見ての通りぐっと動いてもみあいになることが多いです。


これは毎日チャートを見ているとわかると思いますが、AM1時を過ぎてからの大きな動きはあまり続かないことの方が多いです。


またこのAM3時の足は4時間足でピッタリ-3σです。
動きの悪い、続きにくいAM3時という時間、そして4時間足の-3σ。


私なら怖くて手は出せないという感じでしょうか。


> また、そのまま乗る場合と戻りを待つ目安のようなものはありますか?


目安ですが、そのまま行くと思えば乗りますし、戻るかなと思えば戻りを待つ・・・
というのじゃ答えになりませんね。


時間帯や上位時間軸の抵抗ポイントなどを考え、なおかつ相場の勢いをみて一気に動きそうならば乗ります。
今回は、しばらく長めのもみあいもあり、一気に動く気配はありました。


また目指すポイントがある場合、今回ですと前回安値ですが、そこを割ったら売ろうと考えている人は多いと思います。
そのポイントで買いを入れようという方も多いはず。


ならば、そのポイントまではいくんじゃないの?
と私は考えるので、前回高安値まで20pipあればすぐ乗ってしまうこともあります。


戻りを待つ場合ですが、前回高安値を超えて、そこからトレードする場合でしょうか。
この場合は必ず戻りを待ちます。


後は臨機応変に、複数時間足を時間帯、上位時間軸、相場の流れと勢いをみてということになると思います。


相場は生き物とよく言いますが、本当にその通りで、こうすればこうなるという決まっていることはないと思います。
私の場合絶対に曲げないルールは損切りが20pipであるということくらいでしょうか。


後は先ほどの戻りを待つ場面はしっかり待つ、利益は20pip目標。
これが守りたい2次的なルールです。


後は多少感覚の部分があると思います。
感覚といっても何度も行った過去のトレードの中で磨かれるものなので、それなりに信用できるものではないかと。


これを鍛えるために、日々トレードの練習をするのだと思います。


ちょっと長くなりましたが、最近トレード日記もつけられませんし、ためになる質問でしたのでブログでシェアということにさせていただきました~!



==================

私のトレード手法はマエストロFX著者の佐野裕さんのトレード手法を基本にしています。
その手法の私なりの使い方、判断基準などを具体的にトレード画像と共に解説したレポートがあります。


お問い合わせが多かったので急遽作成し、マエストロFXを下記リンクから購入してくれた方への特典として配布しています。

>> マエストロFX特典付き購入ページはこちら


無期限のメールサポートもしております。


特典内容の詳細については下記をご覧ください。
このブログから購入した際の特典に関して


マエストロFXの取引手法にも触れていますので、購入者以外には配布できないためです。
まだ勝てていない方には参考になると思いますよ~。


=================
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

Re: No title

やさすけです!


> やさすけさん、今回も明快明確にお答えいただきありがとうございます。
> たいへんよくわかりました。
>


よかったです~!


> 土曜日に購入ボタンをクリックしてから毎日のように質問していますが、納得できなかったことは一度もなく、やさすけさんから買ってよかったっと思っています。
>
> レベルが上がれば質問も少なくなると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
>
> お忙しい中、ありがとうございました。


そういってもらえるとうれしいですね~!
私も少々忙しいのですぐにとはいかない場合もありますが、できるだけ早く変身するように心がけますっ!

2011-07-06 21:28 │ from やさすけURL

No title

やさすけさん、今回も明快明確にお答えいただきありがとうございます。
たいへんよくわかりました。

土曜日に購入ボタンをクリックしてから毎日のように質問していますが、納得できなかったことは一度もなく、やさすけさんから買ってよかったっと思っています。

レベルが上がれば質問も少なくなると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

お忙しい中、ありがとうございました。

2011-07-06 21:18 │ from KAZURL Edit

トラックバック

http://maestrofxsano.blog95.fc2.com/tb.php/225-af0e4288

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。